診察内容について

精神的なストレスによって引き起こされる現象は、大きく分けて2つに分類することができます。そして、それぞれの症状に合うクリニックを選ぶ必要があるので、どう違うのか知っておくと良いでしょう。

クリニックの違い

心療内科

心療内科で主に、動悸や息切れ、嘔吐、下痢、腹痛、血圧が上がるなどの身体的症状が現れた時に行くべきです。特に、内科に行っても異常が無いと診断された時は精神的なストレスである可能性が高くなっています。

精神科

精神科は不眠や過眠、イライラ、幻覚、幻聴、不安感、恐怖感など気分がずっと沈んでいたり、急に気分が高まったりする時に通うのが妥当です。そうすることによって、精神を落ち着かせることができるでしょう。

[PR]
育児のストレスを溜めないで
上手に発散するコツとは?

医師に伝えるべきこと<カウンセリングが鍵を握る>

ハート

言いたいことが言えない

いざ東京や浦和にある病院に行ったとしても、カウンセリングをする時に自分の言葉でうまく医師に伝えることができない場合もあります。それを見越して、手紙に訊いてほしいことを書いておくと良いでしょう。

悩みを打ち明ける

心に抱えている問題は人それぞれですので、どのような過酷な経験を東京でしたのかを話しておくと良いでしょう。そうすることによって、カウンセリングをした医師が解決策を練ることができますし、正しい処方箋を渡すことが可能になるのです。

症状を伝える

悩みを話すことができたら、次は体に出てくる症状などを丁寧に説明する必要があります。また、東京の職場で働いている時に症状が出るのか、何もしていない時でも症状が出るのかを言います。また、カウンセリングの時はあまり医師から質問することはないので、自分のタイミングで喋と良いでしょう。

医師を変える

東京には名医がたくさんいますが、中には自分の意見だけを押し付けてしまう医師もいます。そういった場合はカウンセリングを続けていても効果が現れることがないので、他の人に変えてもらうようにすると良いでしょう。何故なら、ストレスを放置してしまうと疲労となって体に異変を与えてしまいます。そして、悪化してしまうと最悪のケースでは入院を余儀なくされてしまうので、早めに病院に行って適切な診断をしてもらうと良いでしょう。

病院の見つけ方

サイトを駆使する

インターネットから簡単に探すことが可能となっているので、まずは検索をしてみると良いでしょう。例えば、「地域名」や「心療内科」などの単語を入れることによって、自宅近くのクリニックを見つけることが可能です。

比較をする

クリニックは1つの地域だけでも多く存在しているので、その中でも評判がいいところを探すと良いでしょう。その方法として、口コミを閲覧することによって、すぐに調べることができるようになっています。

予約をする

どこのクリニックでもそうですが、基本的に完全予約制となっているので、予め電話をしておくと良いでしょう。しかし、どうしても時間にゆとりがない場合や今すぐ診てほしい場合は当日でも診察を受けられる病院を探すのが吉です。

30分前には着く

予約制なら特に時間厳守となっているので、最低でも30分前にはクリニックに着いておくようにすると良いでしょう。遅れる場合にも電話を入れて謝罪と理由を話すことによって、大目に見てもらえる可能性もあります。

[PR]
東京でカウンセリングを受けよう。
心が悲鳴をあげる前に。

[PR]
疲労はストレスからくる
受け止め方をチェック

広告募集中